スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それが魔理沙ならばDL版~

夏コミ新刊の「それが魔理沙ならば」。
DL版を用意しました。
(外部リンク)DLsite⇒【http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ139960.html】

毎回思うんですが、奥付って印刷所の名称とか載ってるんで、裏で宣伝しろみたいな圧力あんじゃないの?的な、妙な思惑を回避する為に奥付ページだけは落としてDL版にしてるんですよね。
まぁ、別に大した事ないページだし、落としても良いんだけど。
後書と奥付はまた別にしてるから、当時の後書メッセージは読めるしw

電子書籍って自分は扱わないので、ユーザー側の視点が分からないんですよね。
そういうのも含めて落とさないで欲しいって思うのか、別にそれはいらないよってものなのか。
昔から「漫画は本だ、物理的にページをめくって読むもんだ」と、無駄なページも含めてマンガという本(作品)の一環として欲しいって人も居るだろうなってのは分かるんよ。
だからDL版でもそれはあった方が良いのかなー、とも思うし、そうやって物理に拘る人ならイベントで買ってくれたり委託で拾ってくれるんじゃないかな?って思って、やっぱりDL版では別に無くて良いのかなって結論になったり。
イマイチ、電子書籍の扱いが分かり兼ねるのですよね。
定着し始めてはいるけど、その在り方がまだ不安定な部分もあるよ、と。

まぁ、電子書籍というモノについて少し語ってしまいましたが、夏コミ新刊「それが魔理沙ならば」DL版。
こっちもよろしくね、とw


…。

在庫を気にしなくて良いのは最大級のメリットだよなー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

双月氷雨

Author:双月氷雨
割と暇です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。